自宅で出来る勃起不全治療法

通称「インポテンツ」と呼ばれる勃起不全は、世の男性にとって脅威的な病気です。直接生命に関わるわけではありませんが、男性としてのプライドに大きな傷をつけます。
夜の営みが途絶えてしまえば、配偶者とのコミュニケーション低下につながります。「私は女として見られていないのではないか」と不安にさせてしまうかもしれません。欲求不満になった彼女が浮気をする恐れもあり、勃起不全は現実的に離婚の原因にもなりえるのです。
勃起不全は放置していても治る可能性はほとんどありませんが、適切な治療を続ければ十分に回復が可能です。
最も確実な方法は、病院の泌尿器科または性病科に行って診察を受けることです。しかし、いかにプライバシーが守られていると言っても、他人に自分の性的な悩みを吐露するのは非常に心苦しいものです。出来ることなら誰にも知られずに治したいと思うことでしょう。
そこで、自宅でも実践可能な勃起不全の対抗策をご紹介いたします。
一つ目は、「メンタル治療」です。実は勃起不全には精神的なストレスが原因となっている事例が多く、頭の中をリフレッシュするだけで改善される場合もあるのです。仕事の蓄積による緊張、性行為に対する過度な不安など、人は様々なストレスに苦しめられています。一度嫌なことを何もかも忘れて気分転換できる時間を持ちましょう。そして、性行為を楽しむ気持ちを大切にしましょう。男性器の勃起には副交感神経という神経が関与しており、この神経はリラックスしている時ほど働きが活発になる特徴があります。必要以上に気負っても勃起には逆効果です。パートナーとの会話時間を十分に取って、安らいだ気持ちでコミュニケーションを堪能しましょう。
二つ目は、「薬物療法」です。巷では数々の勃起不全の特効薬が出回っており、世の男性達の間で好評を呼んでいます。性行為の前に服用するだけで勃起を促進することが可能なので、とてもお手軽な治療法と言えるでしょう。
ただし、海外製の薬剤は、副作用が強かったり効果の信憑性が薄かったりする商品が多く、購入する際は十分に注意しなければいけません。
お勧めの治療薬を一つ挙げるとすれば、「バイアグラ」があります。エンタメ情報に詳しい人なら、名前くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。海綿体の血流を増加させて勃起状態を長時間維持させることの出来る画期的な経口薬として広く認知されています。元々はアメリカで販売が始まった商品ですが、現在では製薬会社のファイザーからも販売されており、日本国内でも安心して購入できます。
しかし、どんな薬品にも必ず副作用のリスクは付きまといます。バイアグラも例外ではなく、最悪の場合は不整脈、心臓発作を起こして命に関わる可能性もあります。自分勝手な判断は避け、体調に不安を感じたらすぐに病院に行くようにしましょう。

コメントを残す。