勃起不全で自信を無くさない

男性として勃起が不全であるということはあまり人に言うことも出来ず、そして唯一正直な気持ちを共有できるであろうセックスパートナーにとっても嬉しい知らせではないものです。
しばしば勃起は強い男性の象徴的なことであり、活力や精力からくるもの、つまり勃起不全であることは強く若々しい男性のイメージとは対極のものであり、決して良いイメージのあることではありません。

そのため、もし自分が勃起不全であると感じたり、病院で診断されたりしたら自分は若々しくない男性である、活力のない男性であると自信を失ってしまうかもしれません。
しかし、多くの場合、年齢的に若いうちの勃起不全は単にその人の活力が足りないからなる、というものではなく、精神的、肉体的に問題を抱えていることが多いもので、その問題さえクリアできればかつての勃起を取り戻すことが出来るのです。

精神的な問題となると、過去のセックスでの失敗がトラウマのようになっているケースの男性が多いようです。
例えば、「セックスの途中で射精に至る前に勃起が収まってしまい、パートナーにがっかりされた経験がある。
」もしくは、「そのパートナーとの初めてのセックスのときに緊張や飲酒の条件が重なってしまい勃起しないことがあった。
」このようなケースでそもそもセックスに対する恐怖心が勃起不全の引き金になってしまっていることが実際のケースとして存在しています。

幸いなことに現代の医療では、医薬品で勃起を誘引したり、精神的な問題でもカウンセリングを通して薬なしでも元の勃起の状態にまで回復させることが可能です。

勃起不全の持っているマイナスなイメージは大きなものですが、1人で抱え込んで悩んでしまわずに早いうちに適切な医療機関に相談することがおススメです。
また、自分で勃起誘引の医薬品を買って飲むことはおススメできません。
少数ながらも勃起誘引剤を飲むことで心臓をはじめとした内臓への負担で他の病気を副作用として発症してしまったり、最悪のケースでは心臓発作などで死亡に至るケースがあります。
適切な医療機関で診療を受けることで安全に勃起不全を直していく用にしましょう。

決して勃起不全だからと言ってふさぎ込んでしまい、日常生活にまで暗い気持ちを引きずらないようにしてください。
勃起不全は治るものです。
そしてそれは仕事の出来るできない、または人間性の否定には決してなりえないものです。
気持ちを前向きに、少しの病気を治すだけくらいの気持ちで明るく生活していくことを意識しましょう。

コメントを残す。